• 真紗子

手抜きは近道ではない

 手抜き工事などのニュースが流れるたびにイラっとしている毎日です。修繕や信用回復にどれほどの費用と時間がかかると計算してそんなことをするのでしょうか?目先の利益しか見ていない考えは本当に嫌いです。

  この目先のことしか見えていないのは学習面でも同じことが言えます。「答えの丸写し」はその代表例です。「Xの解の公式」や「球の面積の求め方」などは「丸暗記」が確かに楽です。が、九九など「丸暗記」を推奨されていることだって「理解する」ことに手を抜いてしまっては「利用・応用」はできません。途中式をきちんと筆記しなくては「+」「-」の符号の見落としは増えます。消しゴムを何度もかけて何度もやり直すよりも、正しい答えを時間をかけて一発で出す方が、時間も手間もかからないことに早く気付いてほしいです。

  

ちょっとの手間、ちょっとの工夫、ちょっとの確認。それらをすることが一番の近道ですよ!


  写真上は中学生の計算問題を解くための基礎基本です。これらを見るだけで、解けなかった問題がスラスラ解けるなんてこともあったりします。

 写真下は「線で結びましょう」をカード式にしたものです。この「線で結びましょう」の問題は間違った答えを書いたときのやり直しがとても難しく、集中力も切れてしまうため苦手としている生徒さんがかなりいます。それが、カード式にして何度もやり直しができるようにひと手間かけるだけで、頑張って問題をやりきることができるようになります。できないことをできるように工夫するのが私の仕事と思って日々過ごしています。 

#手抜き #近道 #学習方法 #工夫 #中学生 #線で結びましょう

 

9 views
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTubeの

SNSしてます

 

Amazonロゴ.png
ヤフオク!ロゴ.png

こんなこともしています☟