• 真紗子

「芍薬」ではなく「冬牡丹」でした

前回の投稿で「芍薬」と書いた花は「冬牡丹(フユボタン)」でした。「牡丹」は木で「芍薬」は草なのですが、どちらもボタン科の植物。さらに互いを接ぎ木して育てることもあり、未熟者の私には区別ができていませんでした。すいません。

母に話をしたら間違いを指摘され気づきました。自分で確認したところ、徳川園のお知らせにも「 平成29年1月2日(月・祝)から2月19日(日)寒を遊ぶ 徳川園の冬牡丹を開催します。 」としっかり記述もありました。

で、少し調べてみると冬に咲く牡丹には「寒牡丹」と「冬牡丹」とあるとのこと。

「初夏の花、牡丹を寒い冬に咲かせたもので、厳密にいえば寒牡丹と冬牡丹があります。 寒牡丹は二季咲き性の品種で、6月頃にできたつぼみを切り、8月に葉を切って、秋に2回目のつぼみを出させます。 これに対して冬牡丹は、春咲きの品種を促成栽培して冬に咲かせたものです。 また、品種ではなく開花・観賞時期によって分類する場合もあり、 寒の時期、つまり二十四節気の、小寒から立春の前日までの約30日間に咲いているものを寒牡丹、 それ以外の冬期に咲いているものを冬牡丹とする分け方です。」

(参照:http://www.kaho-fukuoka.co.jp/saijiki/2002-12/kanbotan.html)

勉強しなくてはわからないことって際限なくありますね。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

うれしい報告

4月も半ばになり、寒さもかなり和らいできました。 今日はお母様からうれしい報告をいただきました! 手帳の更新で受けたテスト(児童相談所)で、名前や住所を漢字で書いてびっくりするほど褒められたそうです。 彼は15歳から3年間通い続けてくれています。 当時のカタカナも書けたり書けなかったりの彼でしたが、点結びなどの図形模写は正確かつ手早い。 自分の名前を漢字で書かれているものを読むこともできる。 それ

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTubeの

SNSしてます

 

Amazonロゴ.png
ヤフオク!ロゴ.png

こんなこともしています☟