• 真紗子

消しゴム

消しゴムで文字を消すのって意外と難しいんですよ。

紙を抑えて、消しゴムをしっかり握って、力を入れすぎずに適当な加減で動かす。そのうえに、動かす範囲は消したい範囲だけ。

これだけのことを一度に行うにはかなりの経験が必要となるのですが、小学校に上がってしまえば毎日のようにする作業のため10歳も過ぎれば「慣れたこと」となってしまう人が多数です。

そのようになる前に、または「いつまでたっても苦手な人」に試してほしいのが消しゴムの硬さや種類を変えることです。

写真の商品は「少しの力で消すことができる」タイプ。力がまだない小さなお子様におすすめですが、すぐに消しゴムを折ってしまうお子様には逆に硬い方が良い場合もあります。

筆記用具一つで苦手だったことが少しできるようになることってあるんです。「できない」とあきらめたりせず「今の自分」にあった道具を探してみるのもいいですよ♪

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

うれしい報告

4月も半ばになり、寒さもかなり和らいできました。 今日はお母様からうれしい報告をいただきました! 手帳の更新で受けたテスト(児童相談所)で、名前や住所を漢字で書いてびっくりするほど褒められたそうです。 彼は15歳から3年間通い続けてくれています。 当時のカタカナも書けたり書けなかったりの彼でしたが、点結びなどの図形模写は正確かつ手早い。 自分の名前を漢字で書かれているものを読むこともできる。 それ

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTubeの

SNSしてます

 

Amazonロゴ.png
ヤフオク!ロゴ.png

こんなこともしています☟