「芍薬」ではなく「冬牡丹」でした

February 23, 2017

前回の投稿で「芍薬」と書いた花は「冬牡丹(フユボタン)」でした。「牡丹」は木で「芍薬」は草なのですが、どちらもボタン科の植物。さらに互いを接ぎ木して育てることもあり、未熟者の私には区別ができていませんでした。すいません。

母に話をしたら間違いを指摘され気づきました。自分で確認したところ、徳川園のお知らせにも「 平成29年1月2日(月・祝)から2月19日(日)寒を遊ぶ 徳川園の冬牡丹を開催します。 」としっかり記述もありました。

で、少し調べてみると冬に咲く牡丹には「寒牡丹」と「冬牡丹」とあるとのこと。

「初夏の花、牡丹を寒い冬に咲かせたもので、厳密にいえば寒牡丹と冬牡丹があります。
寒牡丹は二季咲き性の品種で、6月頃にできたつぼみを切り、8月に葉を切って、秋に2回目のつぼみを出させます。
これに対して冬牡丹は、春咲きの品種を促成栽培して冬に咲かせたものです。
また、品種ではなく開花・観賞時期によって分類する場合もあり、
寒の時期、つまり二十四節気の、小寒から立春の前日までの約30日間に咲いているものを寒牡丹、
それ以外の冬期に咲いているものを冬牡丹とする分け方です。」

(参照:http://www.kaho-fukuoka.co.jp/saijiki/2002-12/kanbotan.html)

勉強しなくてはわからないことって際限なくありますね。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

February 26, 2019

January 18, 2019

January 3, 2019

December 13, 2018

November 19, 2018

October 19, 2018

August 26, 2018

Please reload

アーカイブ